仲良くなりたいならまずは挨拶!英語の簡単な聞き方と返し方

 

国際恋愛で大切なのは、お互いの考えや意見をよく聞くこと。

つまり、コミュニケーションが大事なんです。

 

「でも、外国語ってなんだか難しそう・・・」

「一朝一夕で身につくものではないし、間違えたら恥ずかしい」

そう感じるのも当然です。

 

まずは馴染みのある英語から始めてみてはいかがでしょうか?

この記事では、誰でも覚えられる簡単な挨拶フレーズを紹介します♪

 

気軽に挨拶からスタートしてみましょう!

 

こんな人にオススメ
  • 気軽に話しかけることができない
  • 何から話せば良いのか分からない
  • どうやって挨拶を返せば良いか分からない

 

まず英語での挨拶をマスターすべき理由って?

 

日本語で挨拶をするとき、英語の挨拶に代表される「How are you?」(元気ですか?)というフレーズを使いますか?

 

うーん・・・「おはようございます」や「お疲れ様です」といった感じで、聞くことはあまりないかもしれません。

 

さくら
そうですね。あまり日本人はよく会う相手には相手の様子を尋ねたりしないですね。

 

英会話においては、毎日でも「How are you?」って聞いても大丈夫なんです。

 

でも挨拶って意外と難しくないですか?
毎回「How are you?」じゃマンネリかな?なんて思っちゃったりして。

 

さくら
でも挨拶されて嬉しくない人なんていませんよ♪
挨拶はもっと気軽で良いものだと私は思います♪

 

「How are you?」 を純粋な疑問文だと思っている方も多いかもしれませんが、実際はあまり意味も無く使っている人が多いんですよ。

(私の恋人ジョンも声掛け代わりに使っているようです)

 

なので真面目に答えなくても良いですし、返答を求めない場合にも気軽に使って良いんです。

 

答えなくて良いの!?

 

この類いのフレーズは単なる会話のとっかかりだと思ってもらってOKです!

 

たとえば、「How are you?」と聞かれて、とりあえず「GOOD!」と言ったあとに「あのさ昨日見たテレビがさ」なんて話し出しちゃってもOK。

 

話しかけるのが苦手だと思っている人は、なにも話すことがなくてもまずは挨拶をしてみて下さい

そうすると何か相手が話したいことを話し出してくれるかもしれません。

 

たとえそこで会話が止まってしまっても大丈夫。

じゃあね~」と、その場を立ち去ってもいいんです。

そしてまた次回挨拶してみましょう♪

 

大切なのは積極的に挨拶をすること!

 

さくら
次第にこの人はちゃんと挨拶をしてくれる人だと印象もつきますし、相手からも話しかけてくれることも増え、自然ともっと会話ができるようになりますよ。

 

挨拶 話しかけ編

 

最も有名な挨拶といえば「How are you?」ですよね。

 

もちろんこれでも大丈夫。

でも教科書に書いてある「How are you?」「I’m fine, thank you. and you?」はもう使わない。と言われたりもしていますね。

 

ですが若い友達同士でなければ「How are you?」でも全く違和感はありません。

ですが返答の「I’m fine, thank you. and you?」は少し違和感があるのは事実だそう。

 

「How are you?」でも大丈夫ですが、もう少しいろいろなバリエーションを身につけたい方のためにいくつかの例文を紹介しますね

 

HOW を使った聞き方5選

 

「How are you?」同様にHowを使った聞き方は比較的フォーマルなシーンで使うことが多いです。

 

例文5選
  • How are you doing?
  • How’s it going?
  • How’s your day going?
  • How have you been?
  • How are things?

 

  • How are you doing?  

「元気にしていますか?」「調子はどうですか?」というニュアンスで、フォーマルでもカジュアルでもどっちにも使えるフレーズです。

 

  • How’s it going?

直訳すると「どう進んでいますか?」となりますが、「どんな感じ?」のように思って良いです。

このフレーズは少しカジュアルになりますが、カフェの定員さんなども使うフレーズなんだとか。

 

  • How’s your day going?

「How’s it going?」 の it をより具体的にしたフレーズです。

直訳だと「今日一日どうですか?」ですが、特に今日のことに限って聞いているわけでもありません。

 

  • How have you been?

このフレーズはしばらく会っていなかった知り合いに使うフレーズです。

「今まで(会っていない間)どうしてたの?」という意味で、「元気にしてましたか?」というニュアンスです。

 

  • How are things?

こちらのフレーズも最近会っていない人に使うフレーズです。

「物事どうですか?」「色々どうですか?」と言う意味で、「お変わりないですか?」といった感じでしょうか。

 

 

WHATを使った聞き方4選

 

What を使ったフレーズはHowを使うフレーズよりも、かなりカジュアルな場面で友達や仲の良い相手に使います

 

例文4選
  • What’s up?
  • What’s happening?
  • What’s going on?
  • What have you been up to?

 

  • What’s up?

「なにしてるの?」「調子どう?」のようなニュアンスで軽い挨拶で使います。

相手が話しかけてきたときに「どうしたの?」という意味でも使える便利なフレーズです。

 

ですが、若者向けの挨拶なので大人は仲の良い友達間くらいで使うだけにとどめた方が無難です。

他にも「やあ!」のように特に意味も無く使えるフレーズでもあります。

「What’s up?」 に「What’s up?」と言い返すのもアリ!

 

  • What’s happening?

「何が起きてるの?」と日本語ではあまり言いませんが、英語だとよく使います。

例えば、複数人で友達が話しているところに、「What’s happening?」と話しかけに言ったりします。

 

「何してるの~?」「何話してるの~?」に近い表現かもしれませんね。

 

  • What’s going on?

「What’s happening?」に近い表現で、「何が起きてるの?」「何してるの?」という意味ですが、軽く使えるフレーズです。

また、なにか深刻なことが起こっているときに「何が起きてるの?」と遠慮がちに聞くような時にも使うフレーズでもあります。

 

さくら

挨拶の場合は明るく言いましょう♪

 

  • What have you been up to?

このフレーズはしばらく会っていない人に使うカジュアルフレーズです。

「最近何してるの?」「最近どうしてたの?」というような感じで使います。

 

 

HOWで聞かれたときの返し方

こんにちは〜と軽く挨拶する程度の時の返し方です。

 

さくら
返し方にもHOWとWHATで聞かれたときの違いがあるそうですよ。

 

HOWで聞かれたとき
  • good, you?
  • great, how about you?
  • How are YOU doing?    など

 

先ほど少し触れた、「I’m fine thank you and you?」という表現です。

でも、これはご存じの方も多いと思いますが、あまり使いません。

 

「I’m fine 」でも良いのですが、これは「大丈夫です」と断ったりする場合の方がよく使うフレーズになります。

 

  • good, you?

これが一番簡単な返し方です。

 

え?いくらなんでも簡単すぎない?

 

冒頭でもお話したとおり、「How are you?」などの挨拶は特に答えを求めていない場合が多いので、「good, you?」だけでも十分なんです。

この「good, you?」は聞かれた文がどの質問文でも返すことのできるフレーズです。

 

「good」を文章で言いたい場合は、

 

「How are you?」だと「I’m good」

「How are you doing?」だと「I’m doing good」

 

のように質問文に合わせた返し方をするのが一般的です。

 

ですので慣れないうちは、「good, you?」 で統一すると良いでしょう。

 

なるほど!聞き返すときは「you?」以外の表現はあるのかな?

 

「you?」を文章で言いたい場合は、「how about you?」を使うと良いそうです。

 

もしくは「How are you doing?」に対し「I’m doing good, How are YOU doing?」のように、YOU部分を強調して同じ文で聞き返すといいですよ!

 

WHATで聞かれたときの返し方は?

 

次にWHATで聞かれたときの返し方です。

 

WHATで聞かれたとき
  • not so much
  • not a lot
  • What about you?

 

WHATで聞かれた場合は「何?」と聞かれているので、それに応じた答えをします。

 

  • not so much

特に何もないよ〜」というような意味です。

so をつけることで少し柔らかめの印象になります。

 

  • not a lot

これも同じような意味で、特に何もないというような意味です。

 

  • What about you?

相手にも聞く場合は、同じようにWhatを使った文で返します。

 

ちなみに、How で聞かれた場合は「Thank you」と言うこともありますが、Whatで聞かれた場合は使わないそうです。

 

ジョン
すれ違いざまなどに「What’s up?」と言うことも多いよ。

そんな場合は「やあ」と言っているようなニュアンスなので、「What’s up?」や「Hey」なんて返すだけでもOKだよ。

 

 

もっと気軽に話しかけてみよう!

 

もっと気軽に挨拶をした方が良い理由と、簡単なフレーズを紹介しました。

 

もう一度復習してみると・・・

 

Howを使った挨拶の仕方

問いかけ

  • How are you doing?
  • How’s it going?
  • How’s your day going?
  • How have you been?
  • How are things?

 

返答

  • good, you?
  • great, how about you?
  • How are YOU doing?    など

 

 

Whatを使った挨拶の仕方

問いかけ

  • What’s up?
  • What’s happening?
  • What’s going on?
  • What have you been up to?

 

返答

  • not so much
  • not a lot
  • What about you? など

 

 

もちろん挨拶はこれだけではありません。

 

特に聞かれたときの返し方はあなたがもし話したいことがあるのであればどんどん話して下さいね。

 

コミュニケーションの基本は挨拶から。

 

まずは挨拶を無意識に気軽にできるようになるまで続けてみましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です