恋愛映画で英語学習?セリフを覚えて楽しく学べるフレーズ集!

 

突然ですがみなさん・・・恋愛してますか?

 

恋愛ってやっぱり人生を変えるものだと思うんです!

好きな人がいる、その気持ちだけで行動力がアップしたり、前向きな気分になれますよね♪

 

しかし一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

映画のような甘い恋がしたーーい!と。

 

ということで

 

今回は英語学習にも役立つ今すぐ使える映画の愛情フレーズをたくさん集めてみました。

 

映画のヒロインを自分に置き換えたり、

素敵な男性にアプローチされた所を想像しながら、

もちろん紹介した映画を見ながらでも、

楽しみながら英語の愛情表現をマスターしちゃいましょう!

 

私がときめいた選りすぐりの英語フレーズたち、ぜひ最後までご覧ください。

 

恋愛映画で英語フレーズを丸暗記?

 

英語の学習法には『フレーズをそのまま丸暗記』という方法があります。

 

読者様

丸暗記の学習法って、本当にいいのかしら?

 

結論から言います

丸暗記のフレーズ学習・・・

 

すごくいいんです!

 

この学習法の優れている点は、その場面が訪れたときにすぐに会話につなげることができる!

これに尽きます。

 

フレーズを暗記することで、文法などの難しいことを考えなくてもよいのもメリットです。

覚えれば覚えるほど「話せる英語」を増やすことができます!

 

さらに映画の場合、

どういうシーンで使うフレーズなのか

ということが視覚的に分かります。

映像を見ることで状況をよりイメージしやすくなるので、より効果的な学習法と言えるんです!

 

もちろん覚えるだけで英語が自由に話せる様になるわけではありません。

ですが、会話や恋愛の役に立つことは間違いなし!

覚えて損はないです。

 

自分が使えるフレーズ」をどんどん増やしていきましょう!

 

 

【洋画から】心ときめく英語のフレーズ

 

思い出してほしいのですが

 

さくら
あの映画のあのセリフ、今思い出してもどきどきする!

 

なんて経験はありませんか?

 

それは記憶が感情と結びついているためです。

 

五感(聴覚・視覚・味覚・触覚・嗅覚)を使った思い出はとても記憶に残りやすいと言われています。

と言うことは、暗記するにはトキメキがとても重要

 

さくら

だから私はフレーズ学習には恋愛映画をお勧め!キュンキュンしちゃうよね!

 

それでは心ときめく恋愛のフレーズを紹介していきます。

 

 

Titanic(タイタニック)

 

一等客船の晩餐会に招かれたジャックが、質問を受けて答えたフレーズです。

すごく良いこと言ってますよね!

人生は一度きり、大切にすごして後悔のない人生を送りたいものです。

 

“I figure life’s a gift and I don’t intend on wasting it. You never know what hand you’re gonna get dealt next. You learn to take life as it comes at you… to make each day count.”

(人生は贈り物だと思ってます。ムダにしたくない。次にどんなカードが配られるかは分からないけど、大切にしたいと思う。毎日を大切に過ごしたい)

 

be gannaはよく使われるフレーズで、be going toの略で「〜するつもりです。」と言う意味です。

 

I’m gonna meet him tomorrow. (明日彼に会うつもりです)

I’m gonna buy a new T.V set.  (新しいテレビを買うつもりです)

 

 

The Notebook(君に読む物語)

 

さくら
ノアがアリーに言うセリフなのですが、365日毎日手紙を書いてもらえるほど愛されるなんて・・・ドキドキしちゃう!

まだ終わってないと言う所、二人の関係のことを言っているんじゃないでしょうか。

 

“I wrote you 365 letters. I wrote you every day for a year. It wasn’t over… it still isn’t over.”

(僕は君に365通の手紙を書いたんだ。毎日、一年書き続けた。そしてそれはまだ終わってない・・・まだ終わってないんだ)

 

still isn’tstill is notの略で、「まだ〜ない」と言う意味です。

 

That still isn’t over.  (それはまだ終わりません)

That still isn’t ready. (それはまだ出来ていません)

 

That や It を Love に変えたセリフもよく聞きますよね♪

使い勝手がよさそうなフレーズです!

 

Roman Holiday(ローマの休日)

オードリーヘップバーン演じるプリンセスが、新聞記者のジョーと一緒にローマ巡りをする時に言うセリフです。

スペイン広場でジェラートを食べるシーンがとても有名ですよね。

 

“You can’t imagine I’d like to do whatever I liked the whole day long.It doesn’t seem much to you, does it?”

(あなたには想像できないでしょうね。なんでも自分のしたいことをして、自由に過ごしてみたいんです。あなたにとっては面白くもなんともないでしょ?)

 

I’d like to〜はI would like toの略で、「〜したい」と言う意味です。

よく使われるフレーズなので覚えておきましょう!

 

I’d like to go to Asakusa.  (浅草に行きたいです)

I’d like to make a reservation.  (予約をお願いしたいです)

 

さくら

恋愛だけでなく仕事でも、私はこの表現よく使います!

”I’d like to ask you to dispatch it ASAP”
(できるだけ早くそれを出荷して欲しいです)

 

 

Moulin Rouge!(ムーランルージュ)

 

サティーンに愛されていないと誤解するクリスチャンに向けて、トゥールーズが大きな声で叫んだセリフ。

映画の冒頭でも紹介される言葉なのですが、この世に両思いに勝る素晴らしいことははないということですよね。

胸がキュンとします。

 

“The greatest thing you’ll ever learn is just to love and be loved in return.”

(この世で最も素晴らしいことは、誰かを愛しその人からも愛されることだ)

 

to learn to+動詞で「〜することを学ぶ」と言う意味です。

 

You have to learn to endure.  (耐えることを学ぶ)

ready to learn to read.  (読み方を学ぶ準備ができている)

 

「きみに会って初めて愛を学んだ」という愛情表現も多いです。

 

 

Hitch(最後の恋の始め方)

 

“There’s only one person that makes me feel like I can fly. That’s you.”

(自分は飛べるのではないかと思わせてくれる人が、一人だけいる。それはあなたです)

 

なつ
デートコンサルタントをしているヒッチが、自分を飾らず素直にサラに告白するときのセリフです。

あれやこれやいろいろ考えて、自分を大きく見せようとするよりも、素直に自分をさらけ出したほうがうまくいくよと言う映画です。本当にその通り!

 

feel like「〜のような気がする」はよく使われる表現なので、覚えておきましょう!

 

I feel like it’s a long day.  (今日1日が長く感じる)

I feel like I’ve been here before.  (ここに以前来たことがある気がする)

 

きみに会えない日は長く感じる

きみとはどこかで会った気がする

という表現にはまさにもってこいのフレーズですね。

 

ディズニー映画のフレーズ

 

恋愛で忘れてはいけないのがディズニー映画

 

みなさんもよく知っているディズニー映画には、素敵なフレーズがたくさんあります。

 

小さいときから慣れ親しんだ映画を、大人になってから英語で見てみましょう!

フレーズを覚えるだけでなく、気づかなかった新しい発見があるかもしれませんよ。

 

それではご覧ください~。

 

Cinderella(シンデレラ)

 

シンデレラは勇気の出るような言葉をたくさん言ってくれます。

自分が辛い状況に置かれていても、決してあきらめない女性の強さが出ていますね。

 

Everybody deserves true love.

(誰だって真実の愛に出会う資格がある)

 

deservesは「価値がある、受け取るにたる」という意味の動詞です。

 

He deserves the prize.  (彼はその賞に値する)

He deserves it.  (彼には当然の報いだ)

 

If you keep on believing, the dreams that you wish will come true.

(信じ続けていれば、夢は必ず叶う)

 

keep on 〜ingで「〜し続ける」という意味です。

 

of light, to keep on shining. (光が輝き続ける)

Keep on smiling. (ほほえみ続ける)

 

 

Frozen(アナと雪の女王)

 

アナと雪の女王ではオラフがいい味を出してくれています。

恋人ではないですが、アナに対する無償の愛は見ていて幸せな気持ちになりますね。

 

Some people are worth melting for. Just maybe not right this second.

(君のためなら溶けても構わないよ。ただ、今じゃないけどね)

 

worthは「価値」という名詞です。

英語表現ではよく出てきますので、覚えておくと役にたちます。

 

to be worth hearing  (聞くだけの価値がある)

the condition of being worth seeing (見るに値する) など

 

さくら
誰かを誘うときに使ってもよいですね!

“This video game is worth playing! Let’s do together!”
(このテレビゲームはやる価値あるよ!一緒にやろう!)

 

True love is putting someone else’s needs before yours.

(真実の愛とは自分よりも、相手のことを想うこと)

 

to put someone else before yourselfは直訳すると「他の誰かを自分の前に置く」という意味

「優先する」というニュアンスで使われています。

 

状況に応じて someone や yourself を他の言葉に置き換えてみてくださいね。

 

Beauty and the beast(美女と野獣)

 

最初はお互いに心を許せずすれ違っていた二人。

徐々に心を通わせ結ばれるストーリーは心にジーンときます。

 

こちらはベルに惹かれる野獣のセリフです。

 

I’ve never felt this way about anyone. I want to do something for her.

(こんな気持ちは初めてだ。彼女のために何かしてあげたい。)

 

 I’ve never〜はhave neverの略で「〜したことがない」の意味。

愛を表すのによく使われる表現方法です。

 

have never been happier.  (この上なく幸せだ)

have never seen that before.  (今までそれを見たことがない) など

 

 

You’ll be all right.We’re together now.Everything’s going to be fine.

(大丈夫よ、一緒にいれば。すべてうまくいくわ)

 

be going to〜未来を表す文法で「〜になる」という時に使われます。

英語の表現のなかではかなり出てくる頻度が高いので、使いこなせると嬉しいですね!

 

It’s going to be fine!  (よくなるよ!)

Everything is going to be fine.  (すべてはうまくいく)

 

さくら
“It’s gonna be…” という発音もよく聞きます♪
タイタニックのセリフでも紹介しましたね!
イツナビー…という感じでゴを強く発音します。

 

 

Tangled(塔の上のラプンツェル)

 

生まれてからずーっと塔の中に閉じ込められいていたラプンツェルは塔の外に興味津々!

外の世界に連れ出してくれたユージーンと心から結ばれて幸せですね。

 

All at once everything looks different, now that I see you.

(あなたと一緒にいると、すべてのものが違って見える)

 

All at onceで「同時に、突然」といった意味になります。

 

Everything Happened all at once.  (すべて突然起こった)

I drank up the tea all at once.  (お茶を一気に飲み干した)

 

恋愛をすると、今まで変わり映えがしなかった景色も色づきますよね!

まさに突然世界が変わったかのようです。

 

 

That’s the good part, I guess. You get to go find a new dream.

(それがいい!次の夢を探しに行けるんだから)

 

get to go で「〜できる」という表現です。

 

You want to go ?  (君も一緒に行くかい?)

I leave to go home.  (家にかえる)

 

「英語を学べば、世界中に愛を探しに行ける!」なんてちょっとオーバーでしょうか?

でも英語学習のモチベーションはぐんぐん上がりますね♪

 

 

番外編 Winnie-the-Pooh(くまのプーさん)

 

番外編として、プーさんのセリフも少し紹介します。

大人の心に染みいるとても深い言葉を言ってくれるんです、くまのプーさん。

 

If you live to be a hundred, I want to live to be a hundred minus one day so I never have to live without you.

(君がもし100歳まで生きるなら、僕は100歳より一日少なく生きたいな。そうすれば一度も君なしで過ごさずに済むから)

 

minus「マイナス、負の」という意味を持つ単語です。

 

minus factor  (好ましくない要因)

go out minus an umbrella  (傘を持たずに外に出る)

 

さくら
「きみが欲しい数より1個少なくもらおうかな?」といつもと違った譲歩の仕方ができますよ♪

餃子とかふたりで食べるとき、奇数だとジョンはそう言ってくれることも!

 

If there ever comes a day when we can’t be together, keep me in your heart. I’ll stay there forever.

(いつか離れ離れになる日が来ても、君の心の中にいさせてね。僕はずっとそこにいるから)

 

keep〜で「〜を持ち続ける」という意味になります。

 

be aware and keep in mind  (記憶して覚えておく)

keep one’s hair in curl  (髪をカールにしておく)

 

 

好きな映画で英語の勉強をしちゃおう!

 

今回はたくさんの映画のフレーズを紹介いたしました。

 

しかしまだまだここでは紹介しきれない素敵な言葉がたくさんあるんです!!

 

勉強ばかり続けていると、どうしても辛くなってきてしまいますよね。

 

辛くなってきたな

頭が煮詰まってきちゃったな

そんな時は映画で息抜きをしながら、英語学習をしてみましょう♪

 

映画を見てリラックスした後は、またモチベーションが上がり学習を継続しやすくなりますよ。

もちろん、登場人物を自分と恋人に置き換えてスピーキングの練習をするのもよいですね!

 

恋人がいる人も、いない人も、楽しく英語を覚えてしまいましょう!

 

他の愛情フレーズはこちらにも!

この記事で紹介した構文もでてきますよ♪

【恋愛英会話】付き合い始めからベッドインまで使える愛情表現

2020年3月27日

 

また、映画を見て充電完了!恋人を探すぞ!という方はぜひこちらもどうぞ。

外国人と付き合いたいならこれ!無料マッチングアプリ6選!

2020年4月1日

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です