【成功する】「察する文化」は忘れよう!国際恋愛のコツ3つ【体験談】

カップルの思い

 

気になっている外国人の彼と、お付き合いできることになった!

嬉しくてこれからワクワクしてしまいますよね♪

 

しかし、国際カップルの間ではコミュニケーションがスムーズにできない事もしばしば。

これは言葉の壁や文化の違いによることが多いです。

 

これが原因で、別れてしまう国際カップルは後を絶ちません

 

今日はそのようなことを防ぐための国際恋愛におけるポイントを3つご紹介します。

 

アメリカの大学で勉強しているAさんと、同じ大学に在籍する南米出身の彼氏さんとの体験談を交えてお話していきますね♪

 

付き合うときのポイント①付き合ってるのかはっきりさせる

 

見出しを見て、「ん?」と思いましたか?

 

「だって、この記事って付き合い始めた後のアドバイスをくれるんじゃなかったの?」と。

 

実は、彼の出身国によって「お付き合い」の認識が違うことも・・・

こちらが付き合っていると思っていても、相手からはお試し期間である

「デーティング期間」

なんて捉えられていることもあるんです!

 

Aさんは多少緊張したものの、

  • 彼の文化にデーティング期間は存在するのか
  • 今彼女たちのいる状況はどうなのか

をしっかりと確認したそうです。

 

Aさん
デーティング期間のことは前から聞いていたし、後になって同じ立ち位置にいなかった、ということになるのも嫌でしたから。

 

その時、彼は「デーティング期間は彼の文化に存在するけれど自分はそんなあいまいな期間を過ごしたくない」と言ったそう。

 

というわけで、晴れてお互い正式に付き合っているという認識を確認することができました。

 

さくら
もし相手の文化を良く知っている場合でしたら聞く必要もないかもしれませんが・・・そうでない場合は早めにはっきりさせたほうがストレスも少ないですね!

 

デーティング期間について詳しく知りたい方は、こちらの記事もぜひお読みください♪

【疑問解消】外国人と付き合うまでの関門!?デーティング期間って?

2020年4月15日

 

付き合うときのポイント②自分の思いははっきりと言葉にして伝える

 

国際カップルの間でこれは、特に重要なポイントとなりますね。

 

Aさんも、日本人相手だったら伝わるようなジェスチャーが彼には伝わらなかったりしてあれ?と思ったことがたくさんあるようです。

 

Aさん
こっちが相手の質問に対してジェスチャーで答えたら、ひたすら “What?” と言われました。

身振りでは伝わらないんだ!とびっくりしたことが何度かあります。

 

また、ジェスチャーの他にも、日本人が得意とする察する能力も海外では通用しません。

 

そのため、やはり自分の考えや思いははっきりと声に出さなければいけないとAさんは語ります。

 

例えばスキンシップに関しても、Aさんは彼に「公の場ではあまりべたべたしないでほしい」とはっきりと伝えたそうです。

 

スキンシップが原因で別れてしまった国際カップルもいます。

そんな場合もしっかりお互いの文化を尊重していけたらよいですね!

【国際恋愛体験談】どんなことで別れたの?【破局エピソード】

2020年4月28日

 

付き合うときのポイント③互いの文化は違うという前提で過ごす

 

コミュニケーションはとても大切。

でも!その前に「お互いの価値観や文化は大きく違う」ことを心にとめておきましょう。

この考えを前提にしていれば、ずいぶんと日々を穏やかに過ごすことができますよ。

 

例えば、Aさんの彼は付き合い始めたころ、たばこやマリファナも吸っていました

 

Aさん
もし彼が日本人だったら、正直付き合いすらしなかったと思います。

ただ、日本と違ってマリファナはアメリカではずいぶんと身近なものでしたから。

 

さくら
確かに、日本ではマリファナ=ドラッグ=悪人というイメージが・・・。

でも、アメリカでは州によって合法だったりと、かなりドラッグに対する印象が違うと聞いたことがあります!

 

Aさん
はい、また呼び名もマリファナではなく、「葉っぱ」という意味の「ウィード」と主に呼ばれていています。

いかに生活になじんでいるかが分かりますよね。

 

また、食文化にもかなりの違いが表れてくるようです。

 

Aさんが彼と初めて日本食のレストランに行ったとき、握りずしをいくつか注文しました。

すると、彼はマグロが出されるとすかさず、置いてあったうなぎのたれにそれをたっぷりつけ・・・

 

Aさん
初めて見たときは開いた口がふさがりませんでした!

うなぎのたれをうなぎ以外につけるなんて考えたことがなかったので・・・しかし、それも私の知らない彼の文化の一部でした。

 

どうやら南米出身の彼の国の人々はうなぎのたれが大好きで、何にでもこのたれをつけるそう。

ただ、日本の甘いうなぎのたれと違い、少し酸味を加えた、現地の人好みの味にアレンジされているとのことです。

 

「マリファナ」や「食の違い」のどちらのエピソードにおいても、Aさんは彼との違う価値観・文化を「前提」としていました。

だからこそ大きく動じず、二人の関係性に悪影響を与えることもなかったのです。

 

ちなみに、文化の違いがあるにせよAさんは彼にタバコもマリファナもやめてもらったそうです。

また、うなぎのたれは、彼女の前ではうなぎにだけに使用するようにと・・・

 

Aさん
文化が違うといっても、それは何をしてもいいという理由にはなりません

いやなことはいやと伝えておけば、あとあと楽だと思います。

 

付き合うときのポイント体験談・まとめ

 

  1. 付き合っているのかはっきりさせる
  2. 自分の思いははっきりと言葉にして伝える
  3. お互いの文化と価値観は違う前提!

 

この三つの点の中で共通しているのが、お互いが一緒に過ごしていく中でいかにストレスを軽減できるかということ。

あいまいさを残さないようにする、ということが秘訣です。

 

もちろん、どんなカップルの間にも言い争いやその他のトラブルがあります。

特に国際カップルの場合は、お互いの育った文化や慣れ親しんだ生活環境が違います。

要するに土台が違うので、どうすればお互いが気持ちよく過ごせるか二人でちゃんと考えることが重要です。

 

ぜひみなさんも、外国人の彼とすてきなお付き合いをしてくださいね!

 

他の国際恋愛の体験談はこちら♪

英会話で出会いと結婚!?国際恋愛のケーススタディ!

2020年3月31日

 

より詳しい情報が載っている長続きのコツは、こちらをご覧ください♪

外国人彼氏と長続きする付き合い方、たった6つのコツとは?

2020年5月1日

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です